ヒロアカの主人公「緑谷出久」の蔑称兼ヒーローネームは、名前が「デク」と読めることが由来です。

爆豪は確かに残虐無道ないじめっ子ですが、ネーミングは一理あります。

出久をイズクと読むには、古語の知識が必要となります。幼稚園児で漢字を読めた爆豪は天才ですが、普通のいじめっ子だったとしても、小学生になればデクと読めると指摘したことでしょう。
緑谷家の両親は国語が得意なあまり、うっかり難読であることを失念していた可能性があります。



出る(デる)は、元々は出る(イヅる)でした。『日出処の天子』を思い出してください。
泉(イヅミ)と語源を同じくしているのでしょう。泉は出づ水(イズミ)です。水が湧き出ているのですから。
出で立ち(イでタち)など、今日でもイ+ダ行下二段活用の名残があります。
『一寸法師』に登場するマジックアイテム「打ち出の小槌」。読み方は当然ウチデノコヅチですが、ローマ字にしてみてください。''UCHIDE NO KODUCHI'' 何か気になりますね? ''IDE'' そう、本来は、「打ち出での小槌」(ウチイデノコヅチ)だったのです。
時代が下るにつれ、余分に感じた日本人により、イは省略されるようになります。



ちなみに、対義語の「入る」も、似たような状況にあります。
入る(ハイる)は、元々は入る(イる)でした。蘇我入鹿(ソガノイルカ)を思い出してください。普段から耳目に触れる、入り口(イりグチ)に、イ+ラ行四段活用が残っています。
「ハイる」を調べると、「這入る」という字が出てきます。本来は「這ひ入る(ハいイる)」、四つん這いで入る時にハイると言いました。段々範囲が広がり、今では入る=ハイるが主流となりました。
タイクカン←なぜか変換できない から分かるように、同じ音が続く場合、今も昔も、つい省略してしまいます。



同音の類義語が多く、その上、漢字まで似ていることが多い日本語。そもそも大和言葉に漢字を当てた点で、この問題は必然でした。

現代語から語源に思いを馳せるのは、いささか不思議な気分ですね。