シアワセネイロを改めて聴くと、なぜこの曲がコードギアス反逆のルルーシュR2のエンディングテーマに使われたのか、理由を今更考えたりします。


本編とは明らかに正反対の内容です。
もしかしたら、あったかもしれないifなのでしょうか?
作品を表現したわけではなく、こうなればいいのに、という視聴者の代弁なのでしょうか?

ルルーシュとナナリーが望んでいた平和な優しい世界は、平凡でシアワセな世界でした。
公式SS小説「ヒカリ」では、ルルーシュのささやかで欲張りな幸せが描かれています。
↓のp108~110掲載。加納新太執筆


とはいえルルーシュが行動を起こさなければ、ラグナロクの接続がなされていたはずです。
他に止められそうなのはシュナイゼルくらいでしょうか?しかし無気力というか保守的な人なので、止めてくれるか怪しいところです。
いえ……クロヴィスが良い線行っていたことを考えると、クロヴィスがコーネリアに泣きついてくれれば、ラグナロクの接続阻止可能かもしれません。

ところで、アーニャのこともあるしギアスキャンセラーは欲しいですね。
ならバトレーが必要です。


以下、当方のかんがえたコードギアス改変√

・皇位継承権放棄、日本へと渡る。ブリタニアではV.V.に暗殺される危険があるため。
・スザク、桐原と知己を得る。
・ギアス入手。ゼロになる。
・カレン(強い)を部下にする。
↑ここまで原作通り
↓ここから改変
・クロヴィス(第三皇子、コード・ギアス研究、文化的には異民族にも寛容)とその臣下の将軍バトレー(クロヴィスの実務担当兼CODE-Rの秘密研究を預かる科学者、天才的人体改造手腕の持ち主)をギアスで味方につける。
・ジェレミア(マリアンヌ信者の辺境伯)に正体をバラして仲間にする。バトレーの手でギアスキャンセラーをつける。
・クロヴィスを使って第二皇女コーネリア、第三皇女ユーフェミアのリ姉妹に接触。情でユーフェミア(初恋の異母妹)を口説き、コーネリア(強い、強い部下多数)を釣る。
・クロヴィスとコーネリアとユーフェミアを使って第一皇子オデュッセウス(凡庸)と第二皇子シュナイゼル(切れ者)に接触。ギアスで仲間にする。オデュッセウスはギアス無しでも攻略できそうだが、万一裏切られた場合のリスクが高いため。
・シュナイゼルを使ってロイド(奇才天才)とスザク(脳筋最強)を手下にする。
・ユーフェミアとスザクを引き合わせる。
・ユーフェミアとクロヴィスによる植民地待遇改善キャンペーン。護衛ランスロット。
・ニーナをギアスかユーフェミアで仲間にして、フレイヤ開発させる。
・フレイヤで各地のギアス神殿を消滅させる。

・ギアスキャンセラーでアーニャを解放し、できれば仲間にする。ジェレミアの心の平穏のため、マリアンヌ発覚前が望ましい。
・ギアス教団全員を手下にする。
・ギアス持ちにC.C.コードを継承させ、ミンチにしてからコンクリ詰めにして海溝に沈める。コード保有者は不死なため。
・カレンやスザクやギアス持ちでナイトオブラウンズを倒す。ビスマルク以外は生かしても良い。
・ジェレミアでシャルルを殺す。
・V.V.をミンチにしてからコンクリ詰めにして海溝に沈める。
・コーネリアらでEUを攻め落とす。EUの上層部にギアスを掛け、ゼロの手下にする。
・オデュッセウスと天子の結婚パーティーで中華連邦上層部(大宦官)にギアスを掛け、膿を出す。結婚は取り止めても良いが、内政干渉できる手筈を整える。性根はともかく、あの人数で中華全土を支配していた手腕は相当。
・シュナイゼルにブリタニアを改革させて植民地解放。
・オデュッセウスをギアスキャンセラーでリセットしてから、ギアス使用。内容は、人類の尊厳を重視することと、世界平和を目指すこと。
・オデュッセウスを皇帝にする。凡庸だが異民族にも優しいため。
・シュナイゼルにギアスキャンセラーを使いリセットしてから、ギアスでオデュッセウスに忠誠を誓うよう命令する。
・関係者にギアスを掛けて、ヴィ兄妹とギアスについて忘却させる。
・ルルーシュの両目を抉る。ギアスを封印し、暴走させないため。





難易度高いですね??やはりシアワセネイロ無理では?


どこかの地域で紛争が起きていても、その他の地域では平和な暮らしができるだろうし、上から無理に押さえつける必要ないのかもしれません。

やはりシュナイゼルをユーフェミアみたいな性格に改善してからコード継承させて、ダモクレスで恒久平和維持してもらうのがベターなのでは?

星刻にV.V.コード継承させて中華を永遠に治めてもらうルートも考えましたが、C.C.の傷や体質(※)から考えて、病気の人を不死にしたら、永遠に病気のまま苦しみ続けると思うんですよね。半死半生が辛いことは、武装錬金の蝶野が証明しています。よってボツ。


※C.C.の身体には、不死になる前の傷があります。またノベライズで、C.C.は肌荒れしないとの説明があります。
つまり、コードは継承時の状態を維持する機能がある、と考えられます。
↓p59参照。




押し付けられた平和な世界ではなく、自発的に他者に優しくできる世界でなければ意味がありません。


V.V.は「嘘のない世界をつくろう」と言いました。パッと聞いた感じでは耳触りは悪くないですが、手段(結果)がえげつないのでアウトですよねー。

嘘=仮面(persona)
個人(person)⇔人類全体

嘘のない世界は個人のない世界。
皇帝とV.V.は確実に仕留めておかないと、人類は生かさず殺さず状態になってしまいます。
やはりルルーシュが頑張らなければ。


オールハイル・ルルーシュ!