舟に刻みて剣を求む

文系オタクの考察 ※一部コンテンツは他サイトにもマルチ投稿。

タグ:ヒロアカ

ヒロアカの主人公「緑谷出久」の蔑称兼ヒーローネームは、名前が「デク」と読めることが由来です。

爆豪は確かに残虐無道ないじめっ子ですが、ネーミングは一理あります。

出久をイズクと読むには、古語の知識が必要となります。幼稚園児で漢字を読めた爆豪は天才ですが、普通のいじめっ子だったとしても、小学生になればデクと読めると指摘したことでしょう。
緑谷家の両親は国語が得意なあまり、うっかり難読であることを失念していた可能性があります。



出る(デる)は、元々は出る(イヅる)でした。『日出処の天子』を思い出してください。
泉(イヅミ)と語源を同じくしているのでしょう。泉は出づ水(イズミ)です。水が湧き出ているのですから。
出で立ち(イでタち)など、今日でもイ+ダ行下二段活用の名残があります。
『一寸法師』に登場するマジックアイテム「打ち出の小槌」。読み方は当然ウチデノコヅチですが、ローマ字にしてみてください。''UCHIDE NO KODUCHI'' 何か気になりますね? ''IDE'' そう、本来は、「打ち出での小槌」(ウチイデノコヅチ)だったのです。
時代が下るにつれ、余分に感じた日本人により、イは省略されるようになります。



ちなみに、対義語の「入る」も、似たような状況にあります。
入る(ハイる)は、元々は入る(イる)でした。蘇我入鹿(ソガノイルカ)を思い出してください。普段から耳目に触れる、入り口(イりグチ)に、イ+ラ行四段活用が残っています。
「ハイる」を調べると、「這入る」という字が出てきます。本来は「這ひ入る(ハいイる)」、四つん這いで入る時にハイると言いました。段々範囲が広がり、今では入る=ハイるが主流となりました。
タイクカン←なぜか変換できない から分かるように、同じ音が続く場合、今も昔も、つい省略してしまいます。



同音の類義語が多く、その上、漢字まで似ていることが多い日本語。そもそも大和言葉に漢字を当てた点で、この問題は必然でした。

現代語から語源に思いを馳せるのは、いささか不思議な気分ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ヒロアカは主人公はもちろん、他のキャラクターたちも設定がよく練られていて、群像劇的でかなり面白いです。

 

 ところで、ヒロアカのヒロインは麗日ですが(※トガヒミコは敵なので除外します)、ヒロインにしてはとてもガッツに溢れた、ヒーローらしいキャラクターですよね。

 これは、ヒロイン人気を上げるための、堀越先生の策ではないでしょうか?

 

 人質になったりして迷惑を掛けることのある、姫ポジションのヒロインキャラクターは、女性人気が下がりがちです。また、弱い女性像にはフェミ的なアンチも発生します。しかし少年漫画とはいえ女性読者の多い時代、ヒロイン人気が下がると、ストーリー展開にさえ影響が出かねません。

 ヒロアカは、姫ポジションとヒロインポジションを分けることで、この難題に対処したのではないでしょうか。

 爆豪は2度人質になり、主人公デクや平和の象徴オールマイトを危険に晒しました。囚われの姫ポジションと言えます。

 その上、性格言動にも難があるため、爆豪にはアンチも多いです。

 しかし、ハイスペック男子であるため、女性ファンは多いです。また、万一アンチばかりでファンの少ないキャラクターになってしまっても、ヒロインではなくライバルキャラなので、ストーリー展開上、さほど問題ありません。作中でも「人気出なそ」と言われたり、世間から誹謗中傷されている描写もありますし、現実世界でもアンチが多い方が、リアリティが出て良い、とすら堀越先生は考えているのかもしれません。

 

 ヒロアカは敵にも色々と事情があったり、ヒーローにも問題があったりして、善悪の難しさを感じさせる作品です。

 爆豪は、アッパーミドル程度には裕福そうな家庭で、優しい父と美人の母に育てられ、強い個性と高い身体能力と突出した知能を持った子どもでした。恵まれた子どもであった爆豪が、高慢な態度によって、大切なモノを失っていくのは、勧善懲悪的なカタルシスがあります。

 さて、少し前には、「小説家になろう」で悪役令嬢モノが流行し、近頃は悪役令嬢が逆にザマァする展開も大流行しています。

 

 デクにとって憧れのヒーローであったかっちゃんが、姫とライバルの悪い所取りのような状況のまま終局を迎えるとも思えません。

 「クソを下水で煮込んだような」性格、そう評した上鳴は、今ではA組中もっとも爆豪と親しげです。大変な暴言を吐いた相手を受け入れた爆豪の意外な度量の広さはもちろん、上鳴の心境の変化も興味深いところです。クソにも下水にも、人間は近寄りたがりません。本当はクソではなかったのか、それとも良いクソ(堆肥)だったのか。あるいは上鳴がクソにも美点を見出せる人種なのか。

 当方は、爆豪と上鳴の友情のような大逆転劇があることを期待しています。

 我々は、爆豪勝己を応援して参りましょう!Plus Ultra!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ