ヒロアカは主人公はもちろん、他のキャラクターたちも設定がよく練られていて、群像劇的でかなり面白いです。

 

 ところで、ヒロアカのヒロインは麗日ですが(※トガヒミコは敵なので除外します)、ヒロインにしてはとてもガッツに溢れた、ヒーローらしいキャラクターですよね。

 これは、ヒロイン人気を上げるための、堀越先生の策ではないでしょうか?

 

 人質になったりして迷惑を掛けることのある、姫ポジションのヒロインキャラクターは、女性人気が下がりがちです。また、弱い女性像にはフェミ的なアンチも発生します。しかし少年漫画とはいえ女性読者の多い時代、ヒロイン人気が下がると、ストーリー展開にさえ影響が出かねません。

 ヒロアカは、姫ポジションとヒロインポジションを分けることで、この難題に対処したのではないでしょうか。

 爆豪は2度人質になり、主人公デクや平和の象徴オールマイトを危険に晒しました。囚われの姫ポジションと言えます。

 その上、性格言動にも難があるため、爆豪にはアンチも多いです。

 しかし、ハイスペック男子であるため、女性ファンは多いです。また、万一アンチばかりでファンの少ないキャラクターになってしまっても、ヒロインではなくライバルキャラなので、ストーリー展開上、さほど問題ありません。作中でも「人気出なそ」と言われたり、世間から誹謗中傷されている描写もありますし、現実世界でもアンチが多い方が、リアリティが出て良い、とすら堀越先生は考えているのかもしれません。

 

 ヒロアカは敵にも色々と事情があったり、ヒーローにも問題があったりして、善悪の難しさを感じさせる作品です。

 爆豪は、アッパーミドル程度には裕福そうな家庭で、優しい父と美人の母に育てられ、強い個性と高い身体能力と突出した知能を持った子どもでした。恵まれた子どもであった爆豪が、高慢な態度によって、大切なモノを失っていくのは、勧善懲悪的なカタルシスがあります。

 さて、少し前には、「小説家になろう」で悪役令嬢モノが流行し、近頃は悪役令嬢が逆にザマァする展開も大流行しています。

 

 デクにとって憧れのヒーローであったかっちゃんが、姫とライバルの悪い所取りのような状況のまま終局を迎えるとも思えません。

 「クソを下水で煮込んだような」性格、そう評した上鳴は、今ではA組中もっとも爆豪と親しげです。大変な暴言を吐いた相手を受け入れた爆豪の意外な度量の広さはもちろん、上鳴の心境の変化も興味深いところです。クソにも下水にも、人間は近寄りたがりません。本当はクソではなかったのか、それとも良いクソ(堆肥)だったのか。あるいは上鳴がクソにも美点を見出せる人種なのか。

 当方は、爆豪と上鳴の友情のような大逆転劇があることを期待しています。

 我々は、爆豪勝己を応援して参りましょう!Plus Ultra!